ブログ

1月22日はカレーの日です!

カレーの日。
毎日のように、なんとかの日というのがありますが、
1月22日は なんと カレーの日 です。
※参考 全日本カレー工業共同組合
http://www.curry.or.jp/

カレーなので暑い季節にその日を設定したら良かったのにとも思わないでありませんが野暮は言いません。

カレーと言えば、うずらです。ハンドメイドのスパイシーカレーはここでしか食べられません。

今週のカレーは2種。
畑菜のチキンキーマカレーは引き続き、

そしてようやく安定供給されてきたほうれん草のチキンキーマカレーです。

そして今週のサービスカレーは、チキンカツカレー。

受験や試験のシーズンなので、弱気(チキン)勝つ(カツ)カレーということで、カツで勝つです。

その他にもランチタイムはカレーメニューが充実してます。
カレーの日は、うずらのスパイシーカレーを食べに来てください。
皆様のお越しをお待ちしております。

今年の初午は畑菜のからしあえ、カレーは畑菜のキーマカレー

もうすぐ初午。今年の初午は2月7日だそうですが、初午には畑菜のからしあえを食べるのが京都の習わし。

畑菜のからしあえ、

京都の伝統野菜、畑菜の最盛期がこの頃です。

灯明用の油採取の菜種を食用を改良したものがはじまりだそうですが、最近の菜っ葉のスタンダードである小松菜より癖がなくとても使いやすく美味しい菜っ葉です。京都以外では食べられないようですが各地にある地の菜っ葉の一つです。

毎週水曜日にうずらで野菜直売しているだん弥さんの畑がある、久我・羽束師地区がその産地なので、野菜直売にもここのところ毎週、畑菜が並んでいます。

今年の始まりから今週の伏見の旬野菜カレーも畑菜のチキンキーマカレーをお出ししています。

畑菜のチキンキーマカレー

先日も龍谷大学の大学院で学ぶ中国からの留学生さんが「とても美味しい。いつまで食べられますか?」と食してくれました。

ランチの小鉢にもからしあえや炊いたんをお出ししています。

初午には畑菜を。
うずらのランチタイムに、畑菜を食べに来てください。

カレーの初仕込み

今年の初ブログです。
みなさま、あけましておめでとうございます。

年が明けてからも寒い日が続きます。京都もとても寒い1日でした。比較的暖かい伏見でも外にでるとしんしんと身体が冷えてくる底冷えのする日でした。

そんな中、昨夜は年明け初のカレー仕込みをしました。

寒い日のカレー仕込みは少し辛い。スープストックを炊いている時間はまだ熱気でマシなのですが、仕込みが進んでカレーを煮込む段になるといよいよ寒さが部屋に充満してきます。寒仕込みが美味しく仕上がるというものでもありませんので真冬のカレー仕込みは少し辛いですが、それでも美味しく仕上がるようにひたすら夜な夜な焦げ付かないようにひたすら攪拌あるのみです。

今夜も日付けが変わる頃、仕込み1日目の作業が終了しました。さらに美味しくなるようなまた明日1日ゆっくりと火入れします。

美味しいカレーを用意して今年もみなさまのお越しをお待ちしております。美味しいカレー、食べに来てくださいませ。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

初日の出を見ようと屋上に出てみましたが、マンションの壁に阻まれてその姿は拝むことが出来ませんでした。雲が立ち込める空でしたが、東の山際のあたりには雲もなく、赤く明るくなっていました。

地域にある宝を発見し、発信する。眼を転じてみれば見えてくる素晴らしい地域の宝を昨年と変わらず見つけて行きたい。

山際の雲が取れて薄明かりのさす元日の空のように少しずつ晴れ渡っていきますように。

本年もどうぞ喫茶うずらをご愛顧、よろしくお願いします。

年末年始の営業日/カレーとお餅の予約受付中

今年も残すところわずか。慌ただしい年の瀬です。
うずらの年末年始の営業・休業のお知らせです。

12月28日(木) 通常営業
12月29日(金) 午後2時まで営業

12月30日(土)
– 1月4日(木)まで 正月休業

1月 5日(金) 通常営業

以上のように営業・休業をさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

本日12/26まで、カレーのご予約受付中!
明日12/27まで、お餅のご予約受付中!
お渡しは28日、29日になります。
ぜひご賞味ください。

慌ただしい年末ですが、旨いコーヒーを用意していますので、ぜひホッと一息つきにお越しください。

お正月用 うずら特製カレーの冷凍販売いたします!

今年も残すところあと10日を切りました。今年の年末は例年より少し寒い年末です。

お正月に向けて、うずら特製カレーと壇さんの農家のお餅の販売のお知らせです。

「おせちもいいけどカレーもね❗️」っていうコーマシャルが流行ったことがありましたが、お正月に向けてうずら特製のカレーの販売をしております。
カレーソースを冷凍にして販売いたしますのでおせちに飽きたら、スパィシーカレーをお楽しみください。

4人前で1600円。4人前が一つの容器に冷凍になっております。
事前に予約をしていただきますと、28日と29日の2日の間にお渡しいたします。26日までうずらにご予約のご連絡いただきますとお正月カレー、お楽しみいただけます。

併せて、野菜直売の壇さんところの「農家のお餅」も販売予約を受け付けております。亀岡産の省ら農薬米を使った杵つき餅です。
28日にはうずら店頭で壇さんところの朝つきたてのお餅を販売をいたします。丸餅6個入り400円です。ぜひお買い求めにお越しください。また27日までに事前に注文していただきますと28日、29日にお渡しすることも出来ます。

お正月の準備にうずらの特製カレーと壇さんの農家のお餅をぜひいかがでしょうか。

ご予約お待ちしております。

京都の伝統野菜 畑菜

畑菜が出てきました。

京都の伝統野菜。
毎週水曜日の野菜直売の壇さんのお宅がある伏見・久我(こが)が正にその栽培の中心地です。

先日の水曜日も初めての方が「畑菜がもう出てきたんですね。」と買っていかれました。
京都では初午の時に畑菜のからしあえを食べる風習があるので、その頃が出荷の最盛期になりますが菜の花が咲く春までは食べられる旬の長い野菜です。

小松菜が葉物野菜の全盛のこのごろですが、その地域にそれぞれある菜っ葉をぜひ美味しく食べたいものです。畑菜は、小松菜よりもクセがなくとても使いやすく用途の広い野菜です。和えてよし、炊いてよし、もちろん炒めても菜の花独特の風味が際立ちます。

うずらでもランチには小鉢にこの時期から重宝します。からしあえは壇さんの農家レシピを教えていただいた直伝の一品です。ぜひ試してください。

カレーにも来週からは畑菜のカレーをお出しします。畑菜のキーマカレーに畑菜のチキンカレー。少しだけ醤油を効かせた畑菜のバター炒めをのせてます。

寒くなって畑菜は季節がやってきました。
うずら に畑菜を食べにお越しください。

バターナッツかぼちゃのポタージュ

バターナッツかぼちゃ。

いよいよ今年はこれで終わりでしょうか。いつも買い出しに行く地元野菜の直売所に、バターナッツかぼちゃが久しぶりに並んでいました。かぼちゃは保存性がいいので以前に収穫されたものでしょうか、それでももうそろそろ今年の終わりのバターナッツかぼちゃになると思い、買ってきました。

ホコホコに仕上がるかぼちゃではないので煮物ではなく、いちばんのおすすめはポタージュ。

うずらでも宴会料理の最初のお迎えのポタージュに使ってます。まだまだ暑い時期は冷製に、そして今頃ならば当然温かいポタージュに。
甘くて濃厚な味。まさにバターナッツという名前の通り、コクのある旨味があります。自家製のクルトンに粉パセリを一振りして仕上げると至福のひと匙です。

12月忘年会の予約だんだんと埋まってきました。伏見産のバターナッツかぼちゃを幾つか確保し、温かいポタージュでみなさまをお出迎え。

まだまだ忘年会の予約受け付け中。もちろん来年の新年会も受け付け中。
みなさまのお問い合わせ、お待ち申し上げます。

好評!パプアニューギニア海産の天然エビを使ったカレー!

パプアニューギニア海産の天然エビを使ったカレーライスが好評です。
ぷりぷりの揚げたてのエビフライのカレーは癖になる美味しさなのです。

仕事の休みの日にちょくちょくカレーを食べに来ていただくお客さまは「パプアニューギニア海産」の天然エビのカレーにはまっておられます。以前は定番のチキンカレーのご注文が多かったのですがここのところは天然エビフライのカレーばかりです。

いま「出退勤時間は自由」「嫌いな作業はやらなくてよい」など、非常識とも思える数々の働き方の取り組みが注目されている「パプアニューギニア海産」ですが、何よりそのエビが素晴らしい味なんです。

うずらでは2種類の「パプアニューギニア海産」の天然エビを使ったカレーを提供しています。天然エビのフライが2尾のったエビフライカレーと美山産の鹿肉のキーマカレーにエビフライをプラスした「海彦山彦カレー」の2種類が食べられます。

美山産の鹿肉のキーマカレーにエビフライをプラスした「海彦山彦カレー」
天然エビのフライが2尾のったエビフライカレー

ぷりぷりで熱々で旨々の天然エビのカレーを食べに来てください。

12/9(土)は第二弾ふしみBaのカレー部企画開催!

いよいよ来週土曜日の12月9日に行われるカフェイベント、再度のお知らせです。

残席本当にわずかになりました。

伊藤若冲作の五百羅漢さんの石像で有名な深草にある石峰寺。その石峰寺の御住職のお話しをうずらの伏見野菜の旬カレーを食べながら聴く会。
伏見の魅力を発見・発信する ふしみBaのカレー部企画第二弾です。

○日時 12月9日(土)19:00より

○会場 喫茶うずら

○参加費 1200円(特製カレー付)

○定員 20名

伏見稲荷の南にある石峰寺は、江戸時代の絵師 若冲が晩年門前に庵を結んで絵を描いた地です。命日である圧巻の作品群が石峰寺には残ります。その石峰寺住職によるお寺と若冲にまつわる話です。

残席は本当に少しですので、予約が埋まり次第、キャンセル待ちになります。ご興味を持たれた方は今すぐお電話ください。
電話 075-642-8876

ぜひいらしてください。お待ちしております。

そしてカフェでのカレー部企画にこれからもぜひご注目ください。