カレーは自由だ!

カレーは自由だ。そしてとてもステキ‼︎

夏はやっぱりカレーたまらなく食べたくなる。夏の食べ物と言えばカレーをあげるのに異論のある人ないでしょう。

近所のコンビニへ行くと「大阪スパイスカレー」を特集した雑誌が目に飛び込んでくる。カレー皿にカニの甲羅かのっかってる青い皿の一枚が表紙。 カレーの具材にカニの甲羅? 限界突破の大阪スパイスカレーの表題通りに、巷でカレーはどえらい進化をし続けています。

カレーを描いてと言われたら、🍛このアイコンのようにオーソドックスにカレー皿にご飯にカレーソースがかかっている絵を描くのが多数なのではないでしょうか。しかし、大阪から始まったスパイスカレーの波は全国に広がっていて、もう完全にそんなカレー像は更新しないといけない、今になっているのです。

先日、いろいろとお世話になっているケータリングレストランの方と近頃のラーメンの進化で盛り上がりました。 「これまでの概念から言えば、あれは自分たちの知ってるラーメンではない!」  事務所のお近くのラーメン屋さんの新作ラーメンにとても衝撃を受けた感動話し。ラーメンの世界でもその進化発展は目覚ましくて、とんでもない凄い事になっているようです。

カレーもラーメンも共に好きな食べ物の上位に上がる日本の国民食の代表。先ほどのアイコンのように🍜🍛がすぐに出てくると思うけれど、もうそんなものでは表せない変化、進化がこの国民食にやってきているのです。 そしてその変化、進化を受けて、食べる側もどんどん受け入れて、ますます進化止まらない状態が今の現況のようです。

うちの店はそんな進化にまだまだついて行けてませんが、かろうじて後ろの方をついていっているのではないかと思っているのですが、「九条ねぎのチキンキーマとチキンカレーの合いがけ」を食べてくださったカレーフリークのお客さまが、「カレーライスに葱はもう定番だね」とおしゃっていました。

さてこの国民食であるカレーとラーメンの進化について、私は日本社会の変容と大きく関わっているのではないかと思います。 カレーとはこういう物だ、ラーメンはこういう物だというものはもう今は過去のもので、いまや作り手と受け手が自由にそして多様に相互作用して進化しているのは、例えば「男はこういうもんだ」、「女とはこういうもんだ」、「恋愛とか結婚とはこういうもんだ」そして、「日本人とはこうゆうもんだ」とゆう古い理解がどんどん壊れて新しい世代を中心に多様な新しい理解と合意が受け入れらていること決して無関係ではないと思うのです。

スパイスカレーの全国への波及は日本社会が変わっていく兆しであるそう思っています。

カレーは自由だ!そしてカレーは素敵た!

そんな思いで私は今週もカレーを仕込んでいます。

2021年の初午は立春、2月3日

 今年の初午は2月3日。今年は立春の日が初午。

  立春が2月3日になるのは124年ぶりらしい。 初午は稲荷大社創建の日。初午稲荷の日というように、稲荷寿司を食べるのと合わせて、京都ではこの日に畑菜の辛子和えを食べる風習があります。まさにちょうど旬の美味しい時期に当たるのでぴったりな畑菜なのですが、なぜ畑菜の辛子和えを食べるようになったのでしょうか?

  稲荷と言えば秦氏にゆかりの神社。そう、秦家の菜=畑菜というのが一つの説なんだそうですが、秦と畑をかけてるというのはありそうなことです。初午のウィキペディアの項には奈良では旗飴というものを初午の時に子供に配る風習が記載されていますが、これなども実は旗飴=秦氏の飴なんではないでしょうか。

 もともと初午は旧暦で祝われていたので、新暦の2月の初午に祝うようになる前の初午は3月に入ってから、菜の花の盛りの頃。花が咲く前に食するからまさに3月は旬の真っ盛り。畑菜は灯明用の菜の花を食用に改良したもの。こうして、畑の菜っぱ、秦家の菜、畑菜を食することになった。

 今年の稲荷の初午大祭はどんな感じになるんでしょうか。前日の節分会は豆まき行事の中止がお知らせされていますが、初午大祭に関しては特に知らせはありません。しかし、緊急事態宣言以降、昼間も店を閉めているお店がたくさんあると聞きます。そして更なる緊急事態宣言の延長が不可避の現況です。 昨年の今頃も初午のことブログで書いて、そこでもコロナにも触れてもう一年。夜の飲食店の時短営業要請でなんとかなるとは考えられません。再度の定額給付金や再度の持続化給付金なしでは続けられないと思います。

 今年は立春で初午。旧暦で言えば、立春は一年の始まりの時期。声を上げて、よい一年にしていかなければなりません。

喫茶うずらから見る晴れ渡る稲荷山
だん弥さんの畑菜
畑菜の辛子和え
畑菜のチキンキーマカレー

2月9日は初午

2月9日は初午でした。初弘法とか初天神っていうのは年の始めの一月のその日をいうのですが、初午の場合は2月の最初の午の日を言います。「稲荷大神がお鎮まりになった」日が初午。1300年前の西暦711年、奈良時代のこと。
奈良時代だからその日は旧暦で記録されているから本当はもうひと月ほどあとのことになります。だから初午を旧暦で祝うところも全国にはあるといいます。

旧暦のその日を新暦のその日で祝うのは日を固定するのには便利ですが、季節感が少しずれる。伏見稲荷が創建されたという1300年も前の初午の日はもう少し暖かな、菜の花が咲く頃だったはずです。

そういえば高校生のころ不思議に思っていたことがあります。40年前は時代劇がまだまだ全盛なのですがドラマで忠臣蔵をみると雪が降るなか討ち入りに行くので江戸時代は寒かったんだと思ってました。12月の半ばにあんなにしんしんと雪が降るとは江戸時代はなんて寒かったんだろう思っていましたが、新暦だと一月の討ち入りだから雪が降っていても不思議はない。

春節も終わり、寒さのピークもそろそろ過ぎて、春ももうそこまで。そして、中国で猛威を振るう新型肺炎も春とともに早く収束に向かうことに願わずにはいられません。

春が暖かな風とともに希望をもたらしますように。

そろそろ菜の花が出てきました

菜の花のチキンキーマカレーも来週あたりから始めます

初午の日にやってきた鰻頭喰い

初午の日

昨日の朝の空。台風か嵐のような朝の空模様。一月終わりというのに寒さに凍えない早すぎる季節の変わり目のようなこの頃の天気です。

毎週水曜日はうずらの店先で野菜直売の日です。久我のだん弥さんの野菜、売ってます。

久我、「こが」って読みます。桂川に沿った肥沃な土地が美味しい野菜を育てます。だん弥さんは無農薬無化学肥料でもう40年も野菜つくり続けられてます。根菜類は絶品ですし、今なら葉物野菜。先日も白菜を買われたお客さんが「美味しかったわ!」とまた足を運んでくれました。久我の葉物野菜と言えば、やはり畑菜。その土地にその地の葉物野菜が少し前まではありましたがいまは小松菜が全盛ですが京野菜の中でも作られる産地が限られるこの時期が旬の京野菜です。
「畑菜がある!」とたまたま通りかかった方が懐かしいと買って行かれることもあります。

もうすぐ「初午の日」。初午の日には、畑菜の辛子和えを食べる風習が京都にはあるんです。
この時期、ランチの小鉢のひとつに畑菜の辛子和えを添えてます。

旬の畑菜、ぜひいかがでしょうか。
心を込めてご用意をしてみなさまのご来店お待ちしております。

今週はズッキーニとナスを素揚げしてのせたカレー

暑い暑い8月もやっと最終日。
ホントに久しぶりのブログ更新です。

8月最終週、暑さがぶり返し。40度近くの猛暑日が続いた砂漠のような灼熱の暑さではなく、まとわりつく湿気の京都ならではの暑さが戻ってきた今週でした。

今年の夏の暑さにはホントに疲れ切ってしまいました。いつも勤勉なタクシー運転手の常連さんもあまりの今年の暑さには、お店に来られては嘆き節の連発でした。

昨日は毎週水曜日の恒例の野菜直売の日でした。夏野菜もいよいよ最終盤に入っています。
地元深草ではオクラがたくさん。丸オクラや白オクラが人気。辛い青辛唐辛子はいよいよ完熟してグリーンチリからレッドチリになって来ました。秋、遠からじ。

久我(こが)のだん弥さんからはイチジクが初登場。秋のハシリの味覚ですね。だん弥さんの夏といえばモロヘイヤなんですが、この暑さですからまだまだいけます。あんまりの暑さに今年は夏野菜が不作でしたがだん弥さんのモロヘイヤはこの暑さでも元気でした。

夏野菜の食べおさめの季節です。ランチでは、オクラとモロヘイヤが小鉢に大活躍。一度は終わったかと思われたらズッキーニが再度お目見えなので、ズッキーニとナスを素揚げしてのせたカレーも今週いっぱいは大丈夫。

夏の終わりを楽しむメニューを用意しております。みなさまのお越し、お待ちしております。

昔ながらのかき氷、はじめました!

今日も猛暑日予報。
明日も明後日も。この先一週間、猛暑日の予報。
記録的な暑さの夏です。こんな暑い日が続いているのにまだ7月です。この先いつまで暑さが続くのでしょうか。
新聞を取りに降りていき、まだ未明の空を見上げるとうっすらと雲がかかる空ですがなんだか秋の空のよう。単なる錯覚?
不思議な夏です。梅雨明けの頃から、夜は夏の虫たちが鳴いていました。いつもこんなに早かったかな?、夏の虫たちの合奏会は。
天候不順に、天変地異。とても不安な今年の夏です。

あまりに暑いので、店のエアコンも暑さの最盛期には効かなくなります。ひんやりではなく、ほんのり涼しいぐらいまでにしか冷えません。
定かな記憶でありませんが昨年はエアコンが効かなくなるような日はありませんでした。

あんまり暑いのでかき氷をメニューに加えました。従前の夏ならばエアコンの効いたお店でかき氷をいただきますと食べ終わる頃には身体が冷えすぎるくらいですが今年はそれでもちょうど良いくらいの暑さです。

今流行りのふわふわのかき氷ではありません。ガリガリ、シャリシャリの、昔の駄菓子屋さんの店先のみぞれのカップアイス並みの懐かしいかき氷です。それが懐かしい❗️
シロップは4種。

みぞれ
みぞれ味。甜菜糖シロップをかけてます。


赤紫蘇シロップ。だん弥さんのオーガニック赤紫蘇の自家製シロップです。

梅
うめシロップ。福井三方の坂野さんのオーガニック青梅の自家製シロップです。

練乳
そして誰もが大好き、練乳です。生協牛乳でおなじみの大山牛乳の練乳です。

暑い暑い夏、街のクールスポット、うずらにかき氷、食べにおいでください。

京都も入梅 梅漬けの季節

京都も水曜日に梅雨入り。例年より1日早いそうです。
今年も祇園祭りの山鉾巡行の頃まででしょうか、梅雨空が続きます。

梅の実が出回る頃だから入梅。
うずらでも梅シロップ用に梅を漬けました。いつも野菜直売をしている「だん弥さん」の頃合いの梅が手に入りました。

綺麗に洗ってヘタのところを処理して、水気を拭いてから、粗製糖で漬け込みました。甘味料は氷砂糖とか蜂蜜とか、色々選ばれますがうずらでは粗製糖。店のコーヒーシュガーにも使っていることもありますが、仕上がりにいちばんコクがあるように思います。

梅雨が明ける前には飲めるようになりますでしょうか。毎日、美味しくなりますようにと優しくゆすって仕上がりを待ちます。

さて梅雨の頃は飲食店にはとても心配な季節です。ジメジメした湿気のなかで食中毒の危険度が増す時期です。少し時間が出来たので冷蔵庫の清掃を念入りにしました。アルコールで仕上げ拭き。緊張感を持って営業します。

近くの名神高速道路の高架脇の公園では紫陽花の花が綺麗に咲いてます。

梅雨の時期を楽しませてくれる紫陽花の鮮やかな色を眺めながら、雨の時期を出来るだけ快適に過ごしていきたいと思いました。

梅雨の時期にはさっぱり出来る食べもの、飲み物、用意して皆さまのお越しをお待ちしております。
雨の時期、出かけるのがおっくうになる時期ですがうずらにぜひおいでください。

喫茶うずらのアイスコーヒーはいかが

曇りがちの空ですがカラッとした空気の土曜日の朝です。

昨日金曜は真夏日。今年の五月の天候不順は尋常でありません。
普段はホットコーヒーのお客さまも昨日はさすがにアイスコーヒーを注文される方が何人もありました。身体が暑さについていけません。

うずらのアイスコーヒーは、冷製珈琲専用豆を使ってます。

コクがあるのにキレがある。よくお客さまに「うずらのアイス(コーヒー)は濃いから好き」と言っていただきます。
コーヒーの旨みをアイスで味わうために濃いめに仕上げ、なおかつのど越し爽やかにキレのある味を目指しています。

これから暑くなる季節、そして梅雨も間近のこのごろ、コクとキレの二つを味わえるうずらのアイスコーヒー いかがでしょうか。

梅雨前の爽やかな週末です。皆さまのお越しをお待ちしております。

チキンかつめし

正確にはかつめし風。

常連のお客さまに加古川出身の方がおられて、ソウルフード話にインスパイアされてつくってみました。

加古川のかつめしはビフカツだけどうずらではやっぱりチキンカツ。
基本の形があるようですがそれはそれ。
うずらではチキンかつめし!

近々、お試しでお出しする予定です。ご期待ください。

#喫茶うずら
#カレーではない
#かつめし
#かつめし風だけど
#チキンかつめし
#うずらしかないかな

「鹿肉常食キャンペーン」協力中!鹿肉キーマカレーのホットサンド

昨日の日曜日はいっきに半袖の方を見かけるほどの陽気になり、家のさくらんぼの花も咲きました。
寒かった冬から春へ。店の前の公園も人がいっぱいでした。
出歩くのが楽しくなる春。みなさま、あたたかな街にでて、ぜひうずらへお越しください。

春、里山応援メニューのおすすめです。

うずらのランチメニューの中でも意外に人気なのが、鹿肉を使った「里山応援メニュー」です。

里山応援ランチ、里山応援カレーといくつかのメニューがあるのですが、週一のペースで通ってくださるお客様は、「せっかくお昼を食べに外にでるんだから、それを食べて美味しくて少しはお役に立つなら」と里山応援ランチをチョイスされます。

里山応援ランチ

里山応援カレー

美山の「鹿肉常食キャンペーン」に協力して始めて、ようやくレギュラーメニューとして注文していただけるようなってきました。

ランチタイム以外でも鹿肉メニューを食べていただこうと鹿肉キーマカレーのホットサンドを作りました。

スパイシーなカレーに鹿肉の滋味がとても合います。アツアツのホットサンドに淹れたてのコーヒーをセットしてお楽しみください。