おすすめはホットココア

11月になりました。
今年も残すところ2カ月です。
長雨の終わりとともに冬を感じさせる寒さがやってきました。
今年あと2か月引き続きよろしくお願いします。

水曜日は野菜直売の日でした。
10月の天候不順で冬の野菜がまだ順調にでてきません。
もう少し天候が安定するといいのですがなかなか。
お客さまも冬の葉物野菜や根菜類をお待ちかねです。

深草のおミカンがお勧めです。

小ぶりですが、青切りの時期も過ぎ甘味が増して来ました。

久我のだん弥さんは根菜が絶品なんですがまだ少しかかります。
根菜の間引き菜が出てきましたからもう少し辛抱です。
今日は野菜が少ない分、お餅を持ってきてくれました。農家の杵つき餅はやはり粘りが違います。

さて、木枯らし一号も吹いた京都・伏見。
そろそろ暖かい飲み物でホッとしたい頃です。
この間までアイスコーヒーだったお客さまもホットコーヒーを注文されてました。
うずらのお勧めは、生クリームのホイップたっぷりのホットココア。

ココアパウダーを丁寧に練るところから始めます
ちょっとだけ時間かかりますが、その分美味い。お勧めです。

11月3日文化の日、祝日ですが営業します。
ぜひ伏見歩き、深草歩きにお越しください。

実りの秋のいただきもの

雨も風も凄い台風でした。
10月下旬の台風がこんなも猛威を振るうなんて、これまでとは違う気候変動が起こっているんでしょうか。
台風被害に遭われました方には心よりお見舞い申し上げます。

さて秋、味覚の秋はいただきもの秋。
端境期も終わり、秋野菜がどんどん出てきました。
この時期は野菜を作っておられるお客様からときおり野菜をいただきます。
端正込めて作られた野菜はどれも素晴らしい出来。
冬瓜に、サツマイモに、大根。冬の寒さに耐えるようあまくなっていくこの時期の野菜の美味しさは格別ですね。


冬瓜


さつまいも


大根

実りの秋のいただきもの、お昼のランチタイムの小鉢におばんざいに仕上げて使わせていただいています。
どうぞみなさまも秋の味覚、味わいにお越しください。

自家製渋皮煮がおすすめです

水曜日は、朝方に久しぶりの太陽をみられました。
何日ぶりでしょうか。
もう沢山っていうくらいの秋雨の中、つかの間晴れの一日でした。しかし、夜には雨。週末も雨になりそうです。

そして、水曜は恒例の野菜直売でした。端境期も終わり、野菜の種類も増えてきました。

芋、栗、南瓜とそろいましたが、とても美味しかった深草の栗はもうそろそろ終わり。
この美味しい栗を使った自家製の渋皮煮は大好評です。
甘いだけでなく、しっかりと栗の風味が感じられる上等のスイーツにしあがってます。
ぜひ終わる前に食べにきてください。

葉物野菜のハシリも始まりました。地元深草の京都風緑さんでは、柔らかな葉っぱのほうれん草に、小松菜が出てきました。

それから、青切りみかん。深草でもみかんできるんです。酸っぱいけどほんのりと甘み。ハシリならではの味。

地元産の秋の野菜が充実してきましたので、うずらでも、ランチの小鉢に、旬の野菜カレーとどんどんお出ししていきますね。

秋雨は冷たいので身体に堪えますが、旬の野菜を求めてうずらにお越しください。みなさまのご来店をお待ちしています。

深草の栗は美味しい

久しぶりのブログ更新になります。

今年は秋が早いですね。
夏はすっかり通り過ぎていきました。

うずらの前の公園には大きな銀杏の木が一本。葉っぱも色づいてもきました。

早朝、地面に銀杏の実が落ちています。近所の方々、ちょこちょことナイロン袋をもって銀杏をひろっていかれます。

いよいよ味覚の秋がやってきます。

毎週水曜日の野菜直売にも秋の彩りが増してきました。地元深草の京都風緑さんのところでは、栗とかぼちゃが盛り。
この栗が美味いこと、この上なし。深草の栗、こんなにも美味しいので、お店でも「栗の渋皮煮」に仕上げて、秋のスィーツでお出ししています。

 

かぼちゃはロロンというラグビーボールのような形、揚げ物には最高。

うずらではカレーにつかいます。来週から「今週のカレー」にも登場。
秋に美味しいしめじとマイタケをサッと炒めとカレーソースに煮込んで、ロロンをを素揚げしてトッピングしてます。スパィシーなカレーにホクホクの食感と上品な甘さがマッチ。

秋の味覚がうずらのメニューにどんどん登場してきます。
旬の秋を味わいにうずらにお越しください。

9月のオススメは鹿肉のカレーとコロッケ(ランチ)

明日から9月。暑さも先が見えてきた感じ。朝晩はめっきり涼しくなりました。

うずら、9月のおすすめは、鹿肉を使ったカレーとランチ。
鹿肉メニューは実は隠れた人気メニューです。
来店された時はほぼこれっていうお客様が何人もいらっしゃいます。昨日もちょうど鹿肉コロッケを仕込んだところです。

鹿肉は、京都府の美山産のものを使っています。

獣害が全国で大きな問題になっています。増えすぎた鹿や猪が里山の生活に深刻な影響を与えています。茅葺きの里で有名な美山も例外でありません。美山の地元団体が、鹿肉常食キャンペーンをされていて、そのキャンペーンに街から応援という意味を込めて鹿肉メニューをお出ししています。

川上の里山の生活と風景を川下の街の者が食べてほんの少しだけ応援。
ほんとにささやかな応援にしかなりませんが、京都府の至宝の里山の村の生活に思いを馳せて、野生動物と人間が上手く共生できるような未来の為に鹿肉メニュー、食べに来てください。

里山応援メニューと題して、ランチ1種、カレー5種を出してます。

ランチは、鹿肉のコロッケ・ミンチカツ・団子の三種盛りランチ。

カレーは、鹿肉コロッケのカレー、鹿ミンチカツのカレー、鹿肉団子のカレー、鹿肉のキーマカレー、海彦山彦カレーの5種類があります。


鹿肉コロッケのカレー


海彦山彦カレー(美山の鹿肉とパプアニューギニア海産の天然エビがひと皿に)

鹿肉は高タンパク低カロリーの良質な食材です。
秋、夏の暑さに疲れた身体に栄養補給のために鹿肉メニューをぜひご賞味ください。

ランチはゴーヤの小鉢

今朝もゴーヤを収穫。

もうそろそろ7月も終わり。店の緑のカーテンもそろそろ完成間近です。

5月初めから三カ月でようやくここまで来ました。まだまだ隙間がありますがカーテンの役割を果たしているようです。
あまりに暑いこの夏は早くから葉っぱが焼けてきてしまいます。

これからが暑さの本番。一カ月、いや今年はそれでは短すぎのようですが、緑のカーテンの効果が持続するようにせっせと水やりに励みます。

さて、今朝収穫したゴーヤは、ランチの小鉢に。ツナと和えてお出しする予定です。

週末も暑さが増しそうです。
身体喜ぶ食材を使ったメニューを用意してみなさまのお越しをお待ちしております。

深草大辛唐辛子のチキンキーマカレーが始まります!

20日木曜日、京都でも梅雨明けしました。
酷暑の予報が出ている長く厳しい夏本番が始まりました。
学校も夏休みになり、こんな暑い暑い中でも喫茶うずら前の公園には子供たちの遊び声が溢れました。

さて梅雨明けとなれば、そろそろあの大辛メニューが始まります。
夏の暑さをホットな辛さで乗り切る!のメニューです。

深草でももう数軒しか作っていない大辛の唐辛子を使った、
深草大辛唐辛子のチキンキーマカレー。

 

辛いもの好きの方には毎年好評です。
ひとくちで汗も吹き出す地元産の唐辛子使用のホットチリペッパーカレー。辛いのがOKな方には病みつき必至です。

そんなに辛いのはちょっと苦手な方にはマイルドな辛さのランチメニューを用意してます。

地鶏唐揚げのチリソース煮ランチ。

揚げたての唐揚げにマイルドな辛さのチリソースを和えました。ピリ辛な唐揚げが食欲をそそります。

夏のドリンクも好評。
自家製梅シロップのジュースは残りわずかになってしまいました。
来週いっぱい提供出来るか心配な在庫になっています。お早めにぜひお試しください。

長く厳しい夏は、うずらのホットな辛さのメニューで乗り切ってください。
みなさまお越しお待ちしております。

今週は「ナスカカレー」と「京風油淋鶏」がオススメ/ランチはサービス!付!

もう間もなく梅雨も明けるでしょうか。

7月17日は、祇園祭の最高潮、山鉾巡行と神輿巡行の日です。
京都では、雷鳴と共に、この頃に梅雨明けがやってきます。

うずらの店の前の公園では、すでに蝉の鳴き声も全開。
梅雨明け前から猛暑日を記録するこの夏は暑さは、例年以上に厳しいものになりそうです。

そんな暑い暑い夏の暑さ対策は、身体のなかから暑さに打ち克つ、スパィシー&サッパリな美味しいゴハンをいただくことです。
身体を内から冷やす食事でこの暑さを乗り切りましょう。

うずらの「今週のカレー」は、お待ちかねの「ナスカカレー」です。

素揚げしたなすとピーマンに、トマトを加えたナス科の三種の野菜をトッピングした夏本番のカレー。もちろん野菜は地元伏見産。濃く旨の揚げ茄子、ピーマンの苦味、そしてトマトのサッパリがスパィシーなカレーソースで三位一体の美味しさです。(^。^)

夏本番、ランチのお勧めは「地鶏唐揚げの南蛮風」と「京風 油淋鶏」の二種。サッパリ甘酢が食欲を引き立てます。


「地鶏唐揚げの南蛮風」


「京風 油淋鶏」

でもなんで京風?。
京都には、京風中華というジャンルがあるんです。
サッパリして素材の味が際立つ中華料理が京風。
それに倣ったのが「京風 油淋鶏」。

お得情報もプラスです。
梅雨明けなので、今週はランチご注文の方に、カレーソースのサービス付き
小鉢に一杯ですが、ランチにカレーソースをつけます。
一粒で二度美味しい一週間です。

祇園祭りの最高潮が終わると、いよいよ京都は盛夏。
うずらでは、長い暑い暑い夏を乗り切るメニューを用意して皆様のお越しをお待ちしております。

水曜日は伏見野菜の直売

毎度書いていますが、昨日水曜日はうずらの店先にて伏見野菜の直売をしています。
なんとか雨にならず野菜直売を終えることができた1日でした。

だん弥さんの赤紫蘇も先週から並びました。

赤紫蘇がでてくるといよいよ盛夏ももうすぐそこですね。
先週買いそびれのお客様が 紫蘇ジュースをつくりますと買っていかれました。

暑さが増してくるごとに色の濃い野菜が美味しくなってきます。

濃い紫のピカピカの深草のなす。
かつて師団のあった深草は、ナスとキュウリの栽培がその頃の名残りか、今でも盛んだそうです。
軍隊に漬物用に納入するため、盛んに作られたそう。

もう少ししたら、だん弥さんのトマトが出てきます。京あかね というピンポン玉くらいの大きさのトマトです。これがすごく美味しいのです。皮を湯むきして、マリネにすると至福の美味しさ。もうしばらくお待ちください。

だん弥さんの赤紫蘇で作った紫蘇ジュースも好評です。

スパィシーなカレーに併せるといっそう美味しくいただけます。

夏野菜に、夏カレー。
そして夏の冷たい飲み物を用意して皆様のお越しをお待ちしています。

夏の冷たい飲み物三種が揃いました

6月半ばに漬け込んだ梅シロップから梅を引き上げ、
昨日じっくりと火入れしました。

これで夏の冷たい飲み物が揃いました。
梅シロップ、紫蘇シロップ、生姜シロップでつくる三種の夏の冷たい飲み物三種。

深草産の無農薬無化学肥料の梅を使った梅シロップ。
伏見・久我のだん弥さんの無農薬無化学肥料の赤紫蘇を使った紫蘇シロップ。
生姜シロップは無農薬無化学肥料の四国産、よつばから仕入れました。

冷たい水割りでも、冷たいソーダ割りでも、どちらも美味。せっかく美味しいシロップなので、カキ氷にするのも計画中。

 

暑い暑い蒸し蒸しの日が続いてます。
皆様、是非凉みにお越しください。