ブログ

4/11(水)13時15分頃~13時30分頃 KBSラジオがラジオカーリポートで取材!

深草タケノコカレーがはじまります!
ラジオカーがうずらにやって来ます!

今年もタケノコの季節がやってきました。

今年は急に暖かくなったのでもうタケノコがどんどん出てきています。地元深草は全国的に有名な京都・西山のタケノコにも負けないタケノコの産地。

喫茶うずらの深草タケノコカレーを、KBSラジオがラジオカーリポートで取材に来られることになりました。
急な告知ですが本日4/11(水)です。
お時間の合う方はぜひ聴いてみてください!

「森谷威夫のお世話になります!!」
放送日時     4月 11日(水)
13時15分頃~13時30分頃まで

深草タケノコカレーは本日(4/11)より始めます。

タケノコは食感と風味がいのち。朝堀のタケノコを丁寧に湯がいて、シャキシャキの食感とさわやかな風味を感じられるようにキーマカレーに入れました。この季節だけの特別のカレーです。キーマカレーはチキンキーマカレーと鹿肉ミンチのキーマカレーの二種類があります。

美味しいタケノコの里 深草の美味しいタケノコカレー、ゴールデンウィークぐらいまで短い期間のスペシャルなカレーです。
ぜひ食べにおいでください。

4/7(土)うずらにてカレー部企画「ふしみ地域電力の可能性を探る」

今度の土曜日、4月7日は、うずらでカレー部の活動日。

地元伏見の魅力を発見・発信するふしみBaのカレー部企画第三弾。

カレー部企画は、旬の伏見野菜を使ったうずら特製カレーを食べながらお話しを聞きます。

「ふしみ地域電力の可能性を探る」と題して、再生可能エネルギーの普及活動に早くから取り組まれてきたパイオニアのお二人をお招きしての企画です。

「おひさま発電所」を保育園などの施設に設置して地域での再生可能エネルギーの普及に取り組まれてきたNPO法人のきょうとグリーン ファンド事務局長の大西啓子さんと再生可能エネルギー草莽期から共同組合事業でその普及活動をされてきた林敏秋さんのお二人です。

講師:大西啓子さん
NPOきょうとグリーンファンド事務局長)
林 敏秋さん
(再エネ工房)

日時:4月7日(土)19:00
会場:喫茶うずら
参加料:夕食に旬の伏見野菜の特製カレーを食べながら参加費込みで1500円。
定員:先着予約20名

再生可能エネルギーによる地域電力の可能性を伏見から考える材料満載の企画になることと思います。

詳細は以下のフェイスブックページ、ふしみBaのイベント案内をご参照ください。
(フェイスブックのアカウントがなくてもご覧になれます)
https://www.facebook.com/events/613618218978461/

まだ席に余裕があります。今度の土曜日、4月7日の夜19:00-21:00です。
先ずはうずらにお電話ください。
電話 075-642-8876
皆さまのお越しをお待ちしております。

選挙割

「選挙割」してます。

4月8日が投票日の京都府知事選挙の真っ最中です。

伏見区では府会議員補欠選挙も併せて行われます。
大切な選挙権です。

うずらでは、投票済証を持参いただきますと会計時10%オフの選挙 をさせていただきます。
期間は4月5日より4月14日までの10日間。

投票済証は投票所にて請求すればいただけます。
投票日当日だけでなく、期日前投票も役所、支所にてされています。

投票済証を持ってうずらへゴー!
お待ちしております。

※写真は2017年10月の衆院選のものです

今週は菜の花カレー

伏見も桜が超スピードで咲いてきました。今週末には満開でしょうか。

入学式まではもちませんね。
雨続きのお彼岸からようやく週末の好天で京都の街にも桜色の春がやってきました。
店の前の公園の桜も五分咲きくらいになってきました。

桜が盛りなら菜の花はそろそろ名残り。

菜の花のカレーも好評のうちに、もうそろそろ菜の花の季節も終わりでしょうか。

菜の花と鹿肉キーマカレーに今週は、肉無しの菜の花カレー加えて、名残りの菜の花が旬の野菜カレーのおすすめです。

深草の桜も今週が盛り。綺麗に咲く桜を愛でながらコーヒーとカレー、格別です。

皆さまのお越しをお待ちしています。

3/17(金)イベント出店!エコ×エシカルFESTIVAL

3月17日はイベントに出店します。当日、店は臨時休業になります。

地域から持続可能な社会をつくる 環境市民さんの25周年記念イベントがmumokutekiホール (ヒューマンフォーラムビル3F 中京区御幸町通六角下ル)にて開催されます。
ご縁があって、うずらもイベントにてカレーを提供させていただきます。

美山産鹿肉のキーマカレーと旬の伏見産菜の花のカレー、二種類を会場にて提供します。
入場無料、誰でも参加可能です。
みなさまのご参加お待ちしています。

■と き :2018年3月17日(土) 午前11時~午後5時
■ところ :mumokuteki ホール
(ヒューマンフォーラムビル3F 中京区御幸町通六角下ル)
■入場無料: 申し込みは不要です。どなたでもお気軽にお越しください。

*オムツ替え、授乳スペースあります

■主催 NPO法人環境市民
電話075-211-3521 fax075-211-3531
mail life@kankyoshimin.org

当日のイベント全体の詳しくは下記にてご覧いただけます。どうぞご参加ください。

▼3/17(土)エコ×エシカルFESTIVAL(認定NPO法人環境市民 サイト)
http://www.kankyoshimin.org/modules/hotnews/index.php?content_id=67

▼環境市民25周年記念「エコ&エシカルフェスティバル」(Facebookイベントページ)
※Facebookのアカウントがなくても見ることができます
https://www.facebook.com/events/348193952348378/?ti=icl

「鹿肉常食キャンペーン」協力中!鹿肉キーマカレーのホットサンド

昨日の日曜日はいっきに半袖の方を見かけるほどの陽気になり、家のさくらんぼの花も咲きました。
寒かった冬から春へ。店の前の公園も人がいっぱいでした。
出歩くのが楽しくなる春。みなさま、あたたかな街にでて、ぜひうずらへお越しください。

春、里山応援メニューのおすすめです。

うずらのランチメニューの中でも意外に人気なのが、鹿肉を使った「里山応援メニュー」です。

里山応援ランチ、里山応援カレーといくつかのメニューがあるのですが、週一のペースで通ってくださるお客様は、「せっかくお昼を食べに外にでるんだから、それを食べて美味しくて少しはお役に立つなら」と里山応援ランチをチョイスされます。

里山応援ランチ

里山応援カレー

美山の「鹿肉常食キャンペーン」に協力して始めて、ようやくレギュラーメニューとして注文していただけるようなってきました。

ランチタイム以外でも鹿肉メニューを食べていただこうと鹿肉キーマカレーのホットサンドを作りました。

スパイシーなカレーに鹿肉の滋味がとても合います。アツアツのホットサンドに淹れたてのコーヒーをセットしてお楽しみください。

旧暦の季節感 春

春が来た。

春節、旧暦の正月(今年は2月16日)の休みのこの頃こそ、「初春」というのにふさわしいと思います。新暦よりも旧暦の方が日本語の持つ季節感に感覚がマッチします。
我が家のサクランボの木も硬い蕾がぷっくりとふくらんで来ました。

今年の冬はとりわけ寒かったですが、ようやく最高気温も10度近くになってきて、ホッと春の訪れを感じます。

そういえば、江戸の昔は寒かったのだったなと、子供の頃、とても不思議に思っていたのが、「赤穂浪士の討ち入り」。12月の半ばの事だと言うのに、討ち入り決行のそのときには、いつも深々と雪が降っている。江戸の昔はクリスマス前にもう雪が降るほど寒い冬だったんだと思っていました。
^_^しかし、討ち入りの12月半ばは新暦でいえば、1月の終わり。一年をうち一番寒いこの時期に雪が降るのは不思議ではありません。

季節感は旧暦の方が感覚的に合いますね。寒い冬も終わりに近づいてきたなぁと感じるこの頃は、冬の間はホットコーヒーを注文されていたアイスコーヒー好きのお客様もこの頃からぼつぼつアイスコーヒーを注文され始めます。

季節は冬から春へ。春を感じ始めた伏見にお越しください。
春を感じるメニューを用意して皆様のお越しをお待ちしています。

2/25(日)は楠木しんいちライブ & 星野利枝手織りワークショップ

うずらを会場にしてのカフェイベント第2弾のお知らせです。

2月25日、2月の最終日曜日。
https://www.facebook.com/events/2024364807836135/
主催は、伏見の魅力を発見・発信する ふしみBa 。

◉久我のだん弥さんの新鮮伏見野菜の販売に、手織りワークショップに、楠木しんいち ライブ と盛りだくさん

うずらを会場にしてのふしみBa のイベント第2弾

まずは朝10時から新鮮伏見野菜の販売です。伏見・久我(こが)産のだん弥さんの無農薬・無化学肥料で育てた新鮮伏見の旬野菜を店頭で販売。

同じく朝10時からは店内に手織りワークショップ。手織りのマフラーを完成を目標に3日間のワークショップの第1日目。(※大変申し訳ありませんが、あまりの人気に募集人員がいっぱいになってしまい、現在はキャンセル待ち予約を受け付け中です。)

お昼からは、うずらでライブ❗️
日時:2月25日(日)14:00~16:00
京都のまちを歌い続ける”思い出は月の光の向こう側”の楠木しんいちさんのライブです。優しい歌声が心に染み渡ります。ライブは投げ銭・ワンドリンク注文制です。

◉桜の蕾も膨らみはじめ春間近の季節にうずらを会場にした1日中カフェイベントの第2弾です。

当日は朝からライブ前までは、カウンターにて喫茶・飲食もできます。
またライブではドリンクだけでなく、カレーライスも提供します。
興味を持たれた方はまずはお電話ください。
電話 075-642-8876

みなさま、ぜひ春間近のカフェイベントにおいでください。

出合いもの 酒粕カレー

寒い日が続きます。京都市内でも朝は氷が張る日が続いています。でも家のさくらんぼの木も蕾が膨らんできました。春が待ち遠しいこの頃です。

期間限定ですが、酒粕のカレー作ってみました。伏見と言えば酒ですから、酒粕を使ったラーメンやうどんやスィーツも色々ありますが、うずらでもカレーで作りました。

お客様からとても美味しい酒粕をいただきました。伏見の酒ではなくて、滋賀のにごり酒の酒粕です。色白で甘みが濃くて、これはカレーにも合うはずと酒粕のカレーを作ってみました。
甘くて辛くてコクがあって旨いカレーに仕上がりました。まさに出合いものカレーです。

先週からお出ししている伏見産九条ねぎのキーマカレーに酒粕をプラスした「酒粕と九条ねぎのチキンキーマカレー」を来週から期間限定のメインカレーとしてメニューにお出しします。トッピングとして、他のカレーメニューでもお楽しみ出来ます。

寒い冬の出合いもの、酒粕カレーライスを食べにいらしてください。

2月7日(水)初午には畑菜の芥子和えに畑菜のチキンキーマカレー

明日2月7日(水)は、初午(はつうま)。
2月最初の午の日は伏見稲荷の地に祭神が降りたったとして初午祭が行われます。

なんどか書いていますが、京都では初午に畑菜の芥子和えを食べる習わしがあります。
今年の初午は水曜日、ちょうどうずらの野菜直売の日と重なります。野菜直売の農家さん壇さんところはまさにその畑菜の産地ですので、その美味しい畑菜を店頭にならべています。

うずらでも水曜日はランチに畑菜の芥子和えを小鉢にお出しします。
先日もランチに来られたお客様が芥子和えの小鉢を食べられて、ちょうど水曜日で畑菜が並んでいたので「家でも作ってみます」と買って行かれました。

壇さんに教えていただいた芥子和えを美味しく仕上げる技があります。畑菜のサッと茹でて水に取ってから絞りますが、その際に絞った菜っ葉に2、3滴醤油をたらして混ぜて、しばらくしてからもう一度絞るのです。締まった味の芥子和えに仕上がります。ぜひ一度お家でも試してください。

初午の日はぜひうずらにお越しください。
畑菜の芥子和えに、好評の畑菜のチキンキーマカレーも合わせてご用意してお待ちしております。

子どもたちが小さかった時の写真です。伏見稲荷神社に行ったとき、きつね煎餅をつけてパチリ。